北關東單車旅行會

あーるのツーリング備忘録

Puigスクリーン取り付け

久しぶりのカスタムなので初投稿です

 

雨!台風!大雨!冠水!崩落!通行止め!

年に数週間しかないツーリングシーズンは無情にも過ぎ去っていき

すぐに冷酷無比な長い冬が来る・・・

 

そんなわけでぼちぼち冬支度をはじめよう

冬の寒さと強風に耐えるべく

先日やほーで購入したスクリーンが届いたのだ!

 

取り付け

f:id:Rgrey:20191026153936j:plain

Puig(プーチ)製 NEW GENERATIONスクリーンカウルのスモークをチョイス

定価は2万円でアマゾンとかで1.5万円といったところ

ところでPuigってフランスだと思ってたんだけど

スペインのメーカーなんですね

 

f:id:Rgrey:20191026153955j:plain

f:id:Rgrey:20191026154014j:plain日本語の説明書は無いがイラスト中心なので難しいことはない

工具は3と5mmの六角レンチ

(4mmも必要なようだが使った記憶がない)

ロングでボールポイントついたヤツのがやりやすい

 

純正のメーターステー?のボルトを左右2箇所ずつ外したら

そこにステーを固定して、ステーにスクリーンを固定するだけ

とっても簡単

 

以前乗ってたCBR250Rにも社外のスクリーンをつけたが

フロントカウルまでバラさなければならず

店に投げたら工賃7000円以上もかかってしまった

この点ネイキッドは楽でいいですね

 

見た目

f:id:Rgrey:20191026154037j:plain

f:id:Rgrey:20191026154103j:plain

注意書きのラベル剥がし忘れた・・・

こんな感じになりました

後付感が拭えないが、まあこんなものだろう

多少不格好でも実用性があれば、ヨシ!

 

性能

CB125Rにはメーターバイザーすら無く

走行風を全身で受け止める形になる

強風の日なんかは体が抵抗になってみるみるスピードが落ちる

もちろん、冬は風が当たった分だけ寒い

スクリーンを付けると顎あたりまで防風効果がみられ

走行風による胴体の圧迫感が無くなった

この圧迫感が結構疲労に繋がるのでこれはありがたい

体による抵抗が減ったので

同程度のアクセル開度でも速い、気がする・・・

まだ寒い時期でないから定かではないが

ここまで防風効果があれば寒さも軽減されるだろう

 

このスクリーンはCB250Rにもつけられるはず

そこそこ速度を出しても効果はあるので

CB250Rにつけて高速を走っても効果はあるんじゃないでしょーか

 

単気筒ということもあって振動でぶるぶるスクリーンが震える

定期的にチェック&増し締めしたほうがいいかもしれない

 

 

気温が15度を下回るようになってきたら

ハンドガードと電熱グローブを加えてバイクの冬装備は完了

ハンドガードは塗装でもしてみようか

 

さて、今年の冬はどうなるか