北關東單車旅行會

バイクの日記

CBR250Rのエンストについて

バイクシーズンの終わりが近づくのを感じつつ初投稿です

 

謎のエンスト

※ここで言うエンストは技術的な問題ではありません

症状

CBR250R MC41の謎のエンストはわりと有名な話っすね

私のCBRも新車で買ってしばらくしてからたまーに起こり

先日の新潟ツーの前は症状が頻発しました

 

で、詳しい症状を書くと

 

  1. 停車するためにエンジン回転数を落としていく
  2. クラッチを切る、またはNに入れる
  3. アイドリングが低くなる
  4. アクセルを開けるとエンスト

 

んで、復帰するには

 

  1. 普通にセルで再始動
  2. アクセル開けつつセルで再始動
  3. しばらく時間をおいてから再始動

 

私は以上の3パターンでエンジンがかかりました

(これ以上は知らない)

再始動さえすればいつもどおり走るから

遭遇するとなんとも不思議に思ってしまうワケ

 

大事なのは再始動できなくても焦らないこと

大抵信号待ちの時に起こるから焦ってしまいがち

だけど何よりまず安全なところに退避しましょうネ

 

原因

さて、気になるエンストの原因ですが

 

buzz-bike.blog.so-net.ne.jp

 

私が先日整備士さんに言われた通り

どうもカーボン噛みらしい

 

d1-chemical.com

 

バルブにカーボンが挟まり

圧縮不良を起こしてエンストするワケですね

 

対策

整備士さんにカーボン噛みと診断されてから

ガソリン添加剤を2回連続で入れたところ

ここ2000kmで起こったエンストはたった一度

診断前は2回出かけると1回は始動不良を起こしてたんで

やはり原因はカーボンだったと推測されます

 

どうもこのエンジンはバルブ周りの汚れの影響を受けやすいらしい?

詳しい原因はわかりませんが

まあ素人でもできて、一番安い対策はガソリン添加剤ですね

エンジンの性質からみて

3000kmに一回は入れといたほうがいいのかなあ

 

このエンジンを使っている車種は多いですね

兄弟のCB250F、オフのCRF250

最近のだとレブル250やCB250R

この辺はエントリーユーザーも多いだろうし

こんなエンストにあったらかなり戸惑うと思います

この記事が参考になれば幸いです