北關東弐輪旅行俱楽部

バイクの日記

プラグ交換とか新型ニダボ試乗とか

あらすじ

用品店に物色に行こうと大通りを走っていたら

Nに入ってるのに信号待ちで突然エンストし

まあいつもの謎のエンストだろうと再始動しようとするも・・・

 

あれ、エンジンがかからない・・・

 

ああついにレッカーの世話になるのかと思ったりしつつ

近くのコンビニまで汗だくになりながら押しました

 

いつもの様にキーオフしてからセルを回す

何度試してもエンジンがかかる気配は無し

 

ふとキャブ車でアクセル更かしながらかけてるのを思い出して

やってみたらかかりました

その後はフツーに走ってます、なんなの・・・?

 

プラグ交換

とまあ、そんなことがありまして

おそらく前回から2万キロ変えてないプラグが原因だろうと踏んで

用品店にプラグ交換を依頼したのだ

 

CBRのプラグはNGKのSIMR8A9というやつ

www.webike.net

純正からこれで、これ以外ないみたい

 

カウルは左サイド一枚外すだけで済んだらしく

工賃は1200円ちょい

前は系列店でプラグ込で4000円近く払ったので嬉しい誤算

外したプラグを見せてもらったけど

消耗してこそいるもののまだまだ行けそうな感じ

複雑だけどメーカーの交換推奨時期超えてるので

ま、いいよね

 

 

さて交換してみた訳ですが・・・

プラシーボ効果なのか知らないけど

低速トルクがちょっと良くなった・・・ような・・・

そんな感じっすね

 

ツーリング行ったら変化がわかるかなあ

 

新型CBR250RR試乗

近所のホンダドリームに物色しに行ったら

遂に新型ニダボの試乗車が入っていたのだ

 

待ち焦がれていた試乗車、さっそく乗っちゃいますです

f:id:Rgrey:20180910134438j:plain

装備

ニダボは3つの走行モードがあって

普通のバイクならパッシングスイッチがあるところに

パッシングスイッチ型の切り替えスイッチがあって

それを押すと切り替わります

(なんかややこしい説明だな)

 

じゃあパッシングスイッチはどこかというと

普通のバイクだとライトのハイローを切り替えるボタンを使うんですね

 

そういう訳でスイッチボックス周りは普通のバイクと変わらず

変にゴチャゴチャしてないのがいいですね

 

 

メーターは非常に見やすく機能的

大型にも劣らない高級感すらあります

 

ライポジ

「SS」を名乗るだけあってポジションは結構前傾ですが

絞り込まれたシートで足つきは非常に良く

足回りはしっかり、重心は低め

さらにタンク形状のおかげか非常にホールド感があって

想像したよりはるかに乗りやすく仕上がってますね

 

ただ15分くらいの街乗り試乗でわかることなんてたかが知れてますケド

 

走った感じ

「コンフォート」は乗りやすいモードらしいですが

トルクが薄い感じがして逆に乗りにくかった気がします

まあこのへんは慣れでしょうね

「スポーツ」が一番乗りやすかったかな

「スポーツ+」はかなりキビキビ走って楽しいです

 

車体の安定性がひじょーに良く

60km出してるのに40kmで走っているような印象

CBRと同じ感じでアクセルをあけると

CBRより倍くらい早く加速しますね

しかし安定性のおかげで速度出ているのがわからないレベル

2気筒なのでそこそこ振動も無く、ホールド感が高いので

ツーリングでも快適に乗れるかも?

 

純正マフラーなのに気持ちいい音がでるのもいいっすね

リッピングの音なんかもうイッちゃいますよ

 

総評

なるほど、これは80万でも売れるわけだわと唸らされるバイクでした

これは楽しい・・・楽しいよ!

 

(しかしお金がないので購入は)ないです

 

ステッカーチューン

まゆげにゼッケンナンバーをあしらってみた

f:id:Rgrey:20180910134500j:plain

むさしレーシングです(オタク)

結構かっこよく仕上がって満足

 

 

いろいろ可愛がってるCBRちゃんですが

1月を目処に乗り換えようと思います

次は125ですね

CB125RかZ125SL、グロムも気になるかなー