北關東弐輪旅行俱楽部

バイクの日記

原付で配達するという仕事

えー、この度職場でのトラブルでめでたくクビになったので

二年ちょっとという短い間ではあったけど

デリバリーのバイトを振り返ってみたいと思います

 

しかし特定個人、団体、企業の誹謗中傷は

法律や規律、契約で厳しく禁止されているので

今回は「原付で配達をする仕事」という一般論について話しますね

 

郵便、ピザ、寿司、カレー、レストランなどなど

便利な宅配サービスがいろいろありますね 

 

結論から言うと酷い仕事です

いろいろ押し付けられる割にそれに見合ったお金を貰えません

危険、責任という観点から批判したいと思います

 

危険

バイクってのは危険な乗り物です

下手したら簡単にあの世行きなんですから

そう、デリバリーってのは命がけなんです!

公道へ出る時間が長くなるので、必然死にそうになることも増えます

 

それに加えて、暑くても寒くても、雨が降ろうが風が吹こうが、

台風が直撃しようが大雪が降ろうが、河川が氾濫しようが道が水没しようが

安全運転で時間内に配達することを強いられます

さらにそういう日は注文がひじょーに増える(泣)

運転しながら生きるってなんだろうって哲学者になれますよ

 

責任

配達ですから、客の住所名前電話番号を知らされるわけですが

法律で個人情報の悪用は禁じられているとはいえ

その扱いは個人の良心に依存する、つまり責任を押し付けられているわけです

そこに金銭のやりとりの責任もついてきます

 

ぶっちゃけ住所とか名前、わりと覚えています

金銭のやりとりもザル、盗ろうと思えばいつでも盗れます

実際盗ってる人もいるみたい・・・

 

私は真面目なので悪事は働きませんが

この「やろうと思えばいつでもできる」のを

「個人の責任」に押し付けているのはどうなんだろうって思います

しかも安い賃金で!

 

利益はどこに?

さて、多くの危険を乗り越え、多くの責任を果たし配達をこなしてるんですから

お給料もさぞかし高くなるんだろうなーと思いきや

注文がなくて暇な時も、てんてこまいになるほど忙しくても

もらえるお金は同じです

 

・・・なんで?(威圧)

 

構造的暴力

客はこっちが強く出られないとわかっていて無茶言います

雨とか台風の日は注文が殺到するなんてちょっと考えればわかるのに

ちょっとでも自分の思い通りにいかないと怒ります

店の中の遅れのシワ寄せは基本的に外組に来るので

怒られたり謝ったりするのも仕事です

 

王様のアイスクリームって絵本覚えてますかね

まさにアレですね

どんな状況であろうと時間内に思った通りのものが出てこないと怒るんですよ

 

自分はしっかり仕事をこなしてるのに怒られるこの理不尽さは

何度やられてもやりきれません

 

 

客だけではありません

危険な車にクラクションをならしたらクレーム

危ない運転の車を睨んだらクレーム(これは警察沙汰になりました)

サボってると正義感の強い人に店にチクられ

急かされてるのに違反は厳禁、反則金はもちろん自腹

うーん、仕事ってなんだ(哲学)

 

 

安全快適な自宅に安い金で命を賭けて配達する

・・・今って21世紀だよね?

 

 

メリット

しかしまあ、メリットもあります

道を覚えるのが上手くなったり、抜け道をマスターできたり

運転技術(原付の)や危険予測がうまくなります

一日20km~100km乗りますからね

経験が積み重なるってのは大事です

バイクに乗ってれば時間がすぎるというのもよかった

 

結論

命が惜しいならやめろ

 

あ、あと装備のほとんどは自腹なんで

金が惜しいならやめろ

 

 

もっと詳しく知りたいならここがオススメ

pizza-ya.com

 

kensaku-11.net